So-net無料ブログ作成
検索選択

Solaris nevada b109 [Solaris]

Solaris Nevada b109がひっそりとリリースされました。
夜中にダウンロードして早朝からインストールしました。

b107/b108で発生していた日本語ロケールにできない問題は解決しましたが、今度は
外観の設定で視覚効果を「なし(N)」から「通常(O)」、「追加(X)」にしようとしましたが、
デスクトップ効果を有効にすることができませんでした」
となってしまいました。

ぐりぐり好きだったのに使えないのは悔しいので調べてみました。

「外観の設定」の実態は、gnome-appearance-properties なので、
コマンドラインから実行して視覚効果を「なし(N)」から、「追加(O)」にしたところ下記のようなメッセージが
表示されました。
/bin/compiz: 構文エラー 行 24: `else' unexpected

/bin/compizはシェルスクリプトなのでエディタで該当する行を見たところ
if [ "x$COMPIZ_VERBOSE" != "x" ]; 
    VERBOSE="yes"
else
    VERBOSE="no"
fi 

となっていました。
あれ、then が無いというわけで、
if [ "x$COMPIZ_VERBOSE" != "x" ]; then 

と then を追加したところ、ぐりぐりが使えるようになりました。

http://bugs.opensolaris.org/view_bug.do?bug_id=6810224

に登録されていました。b110で直っているそうです。

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

片貝

OpenSolaris b109 に上げたらこの問題に遭遇しました。ありがとうございました、助かりました!
by 片貝 (2009-03-13 15:20) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。