So-net無料ブログ作成
Solaris package ブログトップ

pkgbuildでパッケージを作る [Solaris package]

SolarisでソースからコンパイルするにはLinuxと同じように
% configure
% make
% su -c 'make install'
で、コンパイルできますが、せっかくコンパイルするならできあがった物をパッケージにすると、そのパッケージが不要になったり、ソースがバージョンアップしたときには古いパッケージは簡単にアンインストールすることができます。

Solarisで使えるパッケージを作るには、パッケージにしたいファイルと、パッケージの情報やインストール、アンインストール時に実行するコマンドといった様々なファイルを用意しないといけません。Linuxにはこのようなパッケージを簡単に作れるようにするためにspecファイルとソースファイル、パッチからパッケージを作るコマンドがあります。このコマンドをSolarisに移植したのがpkgbuildです。
このコマンドを使うとspecファイルを作る手間がかかりますが、一度作ってしまえば、簡単にパッケージを作ることができます。

使い方は簡単で、
% pkgbuild -ba pkgbuild.spec
してパッケージを作ります。作成したパッケージはpkgaddコマンドでインストールします。
% su root -c "pkgadd -d $HOME/packages/PKGS XXXXpkgbuild"

一番最初にpkgbuildをインストールするのにpkgbuildでパッケージを作ってインストールすることはできませんから、まずは普通にソースファイルのアーカイブをダウンロードして、ダウンロードしたアーカイブを展開、コンパイルインストールという手段をとります。
最新のソースはhttp://pkgbuild.sourceforge.net/download.phpからダウンロードできます。
ファイルをダウンロードしたら、以下のようにしてpkgbuildを/usr/localにインストールします。
% bzip2 -dc pkgbuild-1.3.103.tar.bz2 | tar xf -
% cd pkgbuild-1.3.103
% ./configure -prefix=/usr/local
% make
% su root -c "make install"

インストールしたpkgbuildでパッケージを作るには、展開したディレクトリにあるpkgbuild.specを使います。
そのままでは/opt/pkgbuildにインストールされますので、pkgbuild_prefixを/usr/localに再定義して作成します。
% /usr/local/bin/pkgbuild -ba pkgbuild.spec --define "pkgbuild_prefix /usr/local"

これで$HOME/packages/PKGSディレクトリにパッケージがつくられますので、rootになって、先ほど作成したディレクトリにパッケージをインストールします。
% su root -c "pkgadd -d $HOME/packages/PKGS SFpkgbuild"




mikutter [Solaris package]

最近とんとBlogをかいていません。

Twitterを使い出してからというもの,Blogを書く時間が取れないというのがおおきいのですが、、


とはいうものの、Solarisで使えるTwitterクライアントとして、PeraPeraPrvというJavaで動くアプリケーションをつかっていたのですが、今日、mikutter (http://mikutter.d.hachune.net/)というアプリケーションを教えて貰い早速インストールしてみました。

必要なソースは
mikutter http://mikutter.d.hacune.net/download/
の他に、
http://ruby-gnome2.sourceforge.jp/
http://rubyforge.org/projects/ruby-hmac/
の2つのライブラリです。

ruby-gnome2のインストール方法は、
% gunzip -c ruby-gnome2-all-0.19.4.tar.gz | tar xf -
% cd ruby-gnome2-all-0.19.4
% ruby extconf.rb
% su
# make install


ruby-hmacのインストールは、
%su
# gem install ruby-hmac


で完了です。mikutterを動かすのは簡単で、ソースをダウンロードして展開したのち、
% gunzip -c mikutter.0.0.1.2.tar.gz | tar xf -
% cd mikutter

Webブラウザを起動するところで、/etc/alternative/x-www-browserを起動するようになっていて、すなおにfirefoxが起動できないので、
mikutter/core/mui/gtk_extension.rbの最後行にある。
   system("/etc/alternatives/x-www-browser #{url} &") || system("firefox #{url} &") end end

   system("firefox #{url} &") end end

に書き換えてしまします。
あとは、
% ruby mikuuter.rb

でmikutterが動きます。

MySQL 5.1 for Solaris 10 [Solaris package]

MySQL 5.1がリリースされているのですが、MySQLのサイトから出ているバイナリパッケージは32bitと64bitが混在できませんでした。

Solaris10にあるPostgresの8.2と8.3は32bitと64bitが両立するようになっています。
また、Solaris Expressにある、MySQL5.0も32bitと64bitが両立するようになっています。

そこで、Solaris10用にMySQL5.1の32bitと64bitを両立するように作ってみました。

続きを読む


ZFSをAmandaでバックアップ。 [Solaris package]

オープンソースのバックアップソリューションとしてAmandaというのがあります。
2.6.1からZFSのバックアップ機能が追加されたので試してみました。

続きを読む


Solaris で DVDを鑑賞する [Solaris package]

最近のPCには普通にDVDドライブがついているのですが、このドライブにDVDメディアを入れても、Solaris 10以前のバージョンではファイルブラウザが開くだけでDVDソフトを再生してくれません。
Solaris nevadaにはtotemというアプリケーションがインストールされているので、DVDメディアをドライブに入れるとtotemの画面が表示されるのですが、残念ながら再生のためのプラグインが無いので再生できません。

そこで、DVDを再生するためのVLCソフトウェアパッケージ一式を作ってみました。

続きを読む


Subversion を作る [Solaris package]

バージョン管理システムのひとつであるSubversionをSolarisに付録しているApacheにようやく対応できるようになりました。

2つのソースファイルをダウンロードして展開します。

subversion-1.4.6.tar.bz2
subversion-deps-1.4.6.tar.bz2

最初にapacheのモジュールを除外したフルセットを作ります。
configure のオプションはいかのとおり。

env PATH=$PATH:/usr/apache2/bin CC=/opt/SUNWspro/bin/cc CXX=/opt/SUNWspro/bin/CC
LD_LIBRARY_PATH=/opt/nsug/lib:/usr/sfw/lib LDFLAGS="-R/opt/nsug/lib -L/opt/nsug/lib -R/usr/sfw/lib -L/usr/sfw/lib -R/usr/apache2/lib -L/usr/apache2/lib" \
CPPFLAGS="-I/usr/sfw/include -I/opt/nsug/include -I/usr/apache2/include" \
./configure --prefix=/opt/nsug \
--infodir=/opt/nsug/share/info \
--mandir=/opt/nsug/share/man \
--localstatedir=/var/opt/nsug \
--sharedstatedir=/var/opt/nsug/com \
--sysconfdir=/etc/opt/nsug --enable-shared --disable-static \
--with-jdk=/usr/java \
--with-ruby-sitedir=/opt/nsug \
--with-ssl \
--infodir=/opt/nsug/share/info \
--mandir=/opt/nsug/share/man \
--with-berkeley-db=/opt/nsug

つづいて、apacheのモジュール版を作成します。
configure のオプションは以下の通り
env PATH=$PATH:/usr/apache2/bin CC=/opt/SUNWspro/bin/cc CXX=/opt/SUNWspro/bin/CC
LD_LIBRARY_PATH=/usr/sfw/lib LDFLAGS="-R/usr/sfw/lib -L/usr/sfw/lib -R/usr/apache2/lib -L/usr/apache2/lib" \
CPPFLAGS="-I/usr/sfw/include -I/usr/apache2/include" \
./configure --prefix=/usr/apache2 \
--infodir=/usr/apache2/info \
--mandir=/usr/apach2/man \
--localstatedir=/var/apache2 \
--sharedstatedir=/var/apache2/com \
--sysconfdir=/etc/apache2 --enable-shared --enable-static \
--with-jdk=/usr/java \
--with-ssl \
--with-apxs=/usr/apache2/bin/apxs \
--with-apr=/usr/apache2 \
--with-apr-util=/usr/apache2

インストール後、以下のファイルを残して、その他のファイルを削除します。

/usr/apache2/libexec/mod_authz_svn.so
/usr/apache2/libexec/mod_dav_svn.so
/usr/apache2/lib/libsvn_delta-1.*
/usr/apache2/lib/libsvn_fs-1.*
/usr/apache2/lib/libsvn_fs_fs-1.*
/usr/apache2/lib/libsvn_repos-1.*
/usr/apache2/lib/libsvn_subr-1.*

# libsvn_*が2種類必要なのがなぜか悔しい。
一緒にしても動くのは確認できましたが、パッケージの都合でこうしてみました。

Solaris Packages のDVD [Solaris package]

今まで作り続けていたSolaris8,Solaris9,Solaris10のSparc版とx86版の両方のバイナリーパッケージをまとめて1枚のDVDにしました。

6月の某日某所で大量に配るのでマスターのメディアをつくったのですが、

続きを読む


php 5.2.2の作成 [Solaris package]

Solaris をいれなおしたら、apache がコアをはいてしまうトラブルが発生。
php を有効にすると発生するので、php を作り直してみました。
都合の良いことに 5月3日に、php 5.2.2 がリリースされたので、渡りに船とSolaris用のパッケージも作成。

続きを読む


Solaris に gvim をいれてみる。 [Solaris package]

gvim と言う GUI が使えるエディタが欲しいという要求があったので、つくってみる。

ソースは

http://www.vim.org/

から vim-7.0.tar.bz2 と vim-7.0-lang.tar.gz をダウンロード。

続きを読む


Solaris package ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。