So-net無料ブログ作成

SunSPOT Blue [SunSPOT]

SunSPOT のDev Preview版のblue SDKを入れていました。

以前、purple-071018を入れたときには、最初に入っていたバウンスボールというアプリが消えてしまい、SunSPOT単体では何もデモンストレーションができない状況に陥ってしまいましたが、blue-080626ではバウンスボールというアプリが復活しました。

おかけで、SunSPOTってたのしいんだよということがほかの人にデモンストレーションできるところまでいっております。

NevadaではデフォルトのJAVAのバージョンが1.6.0_06なのでSunSPOT Manager Toolをうまく動かすことができなかったのですが、$HOME/Desktop/jws_app_shotcut_...desktopのExecを以下のように修正すると、JAVA 1.5.0_15がつかわれるようになります。

Exec=/usr/jdk/instances/jdk1.6.0/jre/bin/javaws ....

    ↓

Exec=/bin/env JAVA_HOME=/usr/jdk/jdk1.5.0_15 /usr/jdk/instances/jdk1.5.0/jre/bin/javaws ...

お試しください。

SunSPOT [SunSPOT]

SunSPOT (http://www.sunspotworld.com/) を入手したので、早速メインの生活マシンにインストールしてみました。

同梱されていたインストールメディアから、SunSPOT SDKをインストールして、SunSPOT MangaterについてはWebから最新版をとってくるようになっていました。

SunSPOT本体の認識がうまくいかなかったのですが、/var/adm/messagesを確認したところ、/dev/term/1を選択すればよいことが判明したので、このデバイスを指定したところ、SunSPOTを認識して、Firmwareも最新版に更新できました。

SDKに同梱されいてた開発環境はNetbeans5.5.1用だったのですが、

http://blogs.sun.com/davidgs/entry/netbeans_6_0_and_sun

からNetbeans6.0用のプラグインがリリースされました。
Netbeans6.1RC2に無理矢理入れたところちゃんと使えております。

出荷時にインストールされていたアプリケーションはFirmwareを更新してしまったため消えてしまったのですが、これで自由にアプリケーションがインストールできます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。